打ち身 打撲 症状 原因 処置 対処法

打ち身(打撲)の原因と治し方

スポンサーリンク

打ち身は無理な運動や何かの拍子にぶつかった時に、その部分の血管が切れて内出血が起こることです。
痣が出てきたり痛みが生じることがほとんどです。
頭部や腕、足首などに起こりやすく、激しい痛みも伴うため、悩まされる方も多いです。
打ち身による痣は、内出血の中でも症状が重い場合に現れるもので、その近辺を触るだけでも痛みを感じるようになります。
一般的に1〜2週間ほどで自然に治りますが、さらに早く治癒を促す方法もあります。
例えば温かいお風呂に入ることで、血流を活性化させてリンパの流れも促進させることで、自然治癒能力も向上されます。
また、湿布を患部に貼ることで、炎症を抑えることも有効です。
基本的には安静にして手を加えないようにすることが大切ですが、痛みや腫れが強い場合は骨折などの可能性もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

打ち身は無理な運動や転倒、事故などで起こってしまいます。
内出血が発生してしまうと、痛みや見た目の悪さに悩まされることも多いです。
ですが、有効な対処法や治し方も存在します。
内出血がある場合は、放置をすると出血が進行してしまうため、血流を抑制する必要があります。
氷や冷水などで冷やすと出血が治まり、治りも早まります。
また、適度な運動やストレッチを継続させておけば、筋肉が強化されたり血行を良くすることができ、打ち身を防ぐことができます。
あまりに症状がひどい場合は、化膿したり痛みが引かない場合もあります。
そのような時は病院に行って診察を受けることも必要です。
安静にすることや冷やすこと、圧迫することなども有効です。
起こってしまうと激痛に襲われるため悩みがちな打ち身ですが、研究によってその対処法や治し方は多く見つけられています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加