膝 打ち身 腫れ

打ち身による膝の腫れの原因や対処法

スポンサーリンク

打ち身による膝の腫れの原因は、何らかの外部的要因で膝の周囲がダメージを受けたことによって、皮下出血を起こすことによるものです。
階段から転んだり、自転車を運転中に転倒するなどによって打ち身になるケースが多いです。
特に高齢者は筋力が衰えているため、些細なことで打ち身になることが多いので注意が必要です。
打ち身は医学用語では打撲と呼ばれており、切り傷による出血を伴わずに内出血を起こすことが特徴です。
最初は赤く腫れますが、時間の経過に伴って青紫色や茶色に変色します。
軽い症状の場合は5日程度で完治し、腫れも収まります。
若い人は治るまでの期間は短いですが、高齢者は治るまでに時間を要します。
重症化するケースもありますので、症状が重い場合には整形外科の病院に通院することが必要になります。
接骨院や整骨院でも治療が受けられます。

スポンサーリンク

膝の打ち身の対処法としては、まずは患部を冷やすことが必要になります。
氷水を含んだタオルなどで患部を冷やして、安静にすることが応急処置としては有用です。
軽い症状の場合は、湿布薬を貼って包帯を巻いて処置を行います。
なかなか痛みが治まらない時には重症化する場合がありますので、整形外科や整骨院などに通院して治療を受けます。
整形外科では症状に応じて医師が施術を行ってくれ、外用薬も処方してもらえます。
完治するまでは医師の指導に従って治療を受けることが必要です。
打撲の治療は保険診療の適用が受けられるため、初診の場合は3000円から5000円程度の治療費になります。
2回目以降は初診料が不要になるため、1000円程度で治療が受けられます。
整骨院や接骨院に通院する場合も保険診療が受けられ、3000円から5000円程度で治療してもらえます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加