打ち身 かゆい

打ち身なのにかゆい時の対処方法

スポンサーリンク

打ち身なのにかゆいと言った症状が出た場合には患部に触る事はまず絶対にやらない様にし、先ずは冷やして様子を見ると言った対処方法を取ってみる必要があります。
それでも一向にかゆみが治まらない場合はそれを抑える為の塗り薬等を用いる必要もありますが、問題なのは無意識に触ってしまうと言った行為ですのでそれに対処する必要もあるのです。
打ち身部分が小さい範囲ならば絆創膏等でも補う事は出来ますが広範囲な場合、包帯やガーゼ等も用いて直接手が触れない様な工夫をする必要もあります。
特にかゆいからと言って爪などで傷を付けるとバイ菌が入って更に悪化しますので、例え休んで居たとしても接触させない様な試みを行っておくべきです。
ただしこう言った処置を行っても更にかゆみが酷く成る場合は別の要因が考えられますので、病院で診てもらう必要もあります。

スポンサーリンク

基本的に打ち身に見えるのにかゆい思いをする症状の代表例としては虫に刺された時であり、似た様な状態になる物としては特にブヨの様な昆虫が知られてもいます。
ただこれも全ての事例が当てはまる分けではないのでやはり素人の判断は止めた方が良く、下手な治療を勝手に行うと余計に悪い状態となる事もあるので気を付けるべきです。
またもう一つの可能性としてはかゆい所に対して無意識に叩いていると言った事も考えられ、それが結果的に打ち身に似た状態に成っている事もあります。
この場合はかゆい所を擦るよりはある程度はマシな行為ではあるのですが、激しく叩いた性で何時の間にか打ち身と成っている事も考えられるのです。
こうなると両方を併発した状態となるのでやはり対象方法としてはシップ等を用いて冷やしたり、かゆみ止等を用いて症状を和らげる様にしてやる必要もあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加