打ち身 湿布 効果

打ち身や捻挫には湿布が効果的

スポンサーリンク

打ち身で骨折などをするに至っている場合もあるので、レントゲンで確認することは重要です。
骨折していなければ、自然治癒するので心配ないです。
ただ、顔などは、目立つ場所ですし、触ると痛いし治るまで不快感はあります。
また打ち身や捻挫は外傷がなくても内部的にダメージを被っているので、腫れていたり、熱をもっていたり、痛みを伴います。
内出血による青あざに対しては、冷やすことアイシング処置が初期対応です。
氷よりは冷たい水でしぼったタオルで冷やすのが理想です。
あまり冷たすぎると凍傷になりかねないからです。
手持ちの小さな氷嚢も市販されているので、そういったものを患部に当てて利用してもいいです。
冷やすことで、内出血したばかりの患部の内出血を抑え、内出血部分から発生する熱を取り除きます。
アイシング期間は、はじめの24-72時間程度が有効的です。

スポンサーリンク

内出血が続いている場合、初期対応で温めてはいけないです。
温めることで血流が良くなり、症状をさらに悪化させる可能性があり逆効果になるためです。
しかし、いつまでも打ち身の後のアイシングは必要なく、内出血が止まったら、むしろ温熱療法に切り替えることも大事です。
打ち身の内出血は、はじめ青かったり赤黒くなっていますが、だんだん打った場所から下にさがっていきます。
傷ついている患部の周辺細胞を回復させるために、入浴や温めたタオルで患部周辺を温めるなどして血流を良くし、自然治癒力を高めることも治癒には重要ですし役立ちます。
温めるのに温湿布も効果的です。
また内出血の吸収を早める塗り薬もあるので、そうした薬の塗布も効果的です。
痛みを我慢できる程度の軽い打撲ならはじめからこうした塗り薬だけでも症状はおちつきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加