打ち身 骨折 見分け方

打ち身と骨折の見分け方等について

スポンサーリンク

 私達が普通に生活している中でも遭遇しやすい怪我の一つに、打ち身というものがあります。
これは何か硬い物等に体をぶつける事で起きる怪我で、ぶつけた部分に痛みや腫れ、内出血等が起こります。
怪我は皮膚の下で起きるので、肌表面から出血する事はないです。
また骨にも異常は起きていないので、湿布を貼ったり患部を安静にしたりする事で治っていきます。
 ただ、この打ち身と並んでよく聞く怪我に骨折という怪我があります。
骨折はその名の通りに骨を折ってしまうという怪我になります。
こちらも硬い物に体をぶつけたりした時にも発生し、肌表面に出血を伴わない等の特徴があります。
また患部に腫れや痛みも伴う事から、素人ではどちらの怪我かを見分けるのは難しい事もあります。
万が一の場合に備えて、この二つの怪我の見分け方を知っておく事も大切です。

スポンサーリンク

 打ち身と骨折は患部に腫れや痛み等が現われる事は共通していますが、細かく見ると違う点もいくつかあります。
まず一つ目としては患部の状態の違いがあり、これは患部の向きが正常と同じか否かがポイントです。
分かりやすく言うと例えば足首が患部の場合、足首から先の部分の向きが正常か否かを見るのです。
足の先がありえない方向を向いている場合は、骨が折れている可能性がとても高くなります。

 

 二つ目の見分けるポイントとしては、患部の痛みの強さや特徴を見る事が挙げられます。
痛みの強さは骨が折れている場合のほうが明らかに強く、耐えられないくらいの強さを感じる事もあります。
また骨折の場合には、ほんの少し患部を動かすだけで激痛が走る事が多いです。
そのため患部を全く動かす事が出来ない場合には、骨が折れている可能性がとても高くなります。
 ちなみに打ち身の場合も骨折の場合も、速やかに病院を受診して適切な治療を受ける事が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加