打ち身 早く治す

打ち身を早く治す方法

スポンサーリンク

打ち身を早く治すためには、まず冷やしてください。
また、痛みが引くまで女性であればヒールなど高い靴をはくことはやめて、お酒もできるだけ控えましょう。
古傷になるとこまるので早めの対処をしてください。
冷やすとはれが引いてくるので、そうしたらサポーターをしてください。
まずは、氷水などで5分程度、その後はシップなどを使って冷やしてください。
冷やさず、鎮痛剤だけに頼ることはしないでください。
身体が温まる血行が良くなり痛みがでてきます。
お酒と同様にお風呂も同じなので、患部だけはお風呂で温めすぎないようにしてください。
打撲・打ち身の際の完治までの日数は、症状などの度合いにもよって異なりますが、基本的に1週間以内に治ることが大半です。
早く治すためには打ち身になってしまった後の対処方法とどれだけ早く対処できるかによって変わります。

スポンサーリンク

初期段階では、内出血によるはれも生じます。
しかし、そのあと徐々にはれが引くとともに痛みも引いていくことが経過の特徴です。
内出血を抑えるためにはアイシングが主流です。
氷嚢やアイシングパックを利用して幹部になるべく密着させて熱を奪ってください。
内出血が見られる期間は温めると血液を循環をよくするため、内出血の動きも促進してしまうので症状が重くなります。
内出血が収まり、はれが引き始めたら今度は逆に、温熱治療で幹部周辺を温かいタオルなどで温める治療法が有効となります。
温熱治療では熱すぎるタオルを使用すると皮膚に負担がかかるのでやめてください。
36度から37度前後の体温に近いぬるま湯に浸したタオルをしぼり幹部に軽くのせてあげるようにして温熱治療を実践します。
タオルの温度はすぐに下がる為、交換をこまめに行ってください。
すこしでも早く治す場合はこの繰り返しが効果的な処置となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加