打ち身 冷えピタ

打ち身には冷えピタが効果的

スポンサーリンク

何かのはずみに体のどこかを強くぶつけてしまった経験をお持ちの方は少なくありません。
特に打ち身が起こると患部が数日間熱を持って痛みが続く場合が多く、内出血で青あざが出来てしまう恐れがありますので痛みを抑えるためにも患部を冷やすことが必要になってくるため、湿布の代わりに冷えピタなどを代用する方が増えてきています。
冷えピタは体に貼る範囲が少ないデメリットがありますが、長時間冷たい状態を維持することが出来るので十分に打ち身に使用する事が出来ます。
打ち身を起こしてからすぐに冷やすことによって、炎症を抑える効果があり痛みや熱を短期間で収束させることが出来るメリットがありますので、早めの対処がキモになってきます。
大分炎症が治まり熱を持たなくなったと感じた場合には、継続して冷えピタを利用する必要はなく安静にしている事で時期に回復させることが出来ます。

スポンサーリンク

打ち身を起こしてしまっている場合、患部の腫れを短時間で抑えることが痛みを抑えるためにも必要になりますので、冷えピタや湿布でしっかり冷やし、動かさないようにすることが大切になります。
どうしても動いていると冷えピタがずれてしまったり、はがれてしまう恐れがありますのでずれ予防のためにも弾性包帯などを利用してしっかり補強すれば、集中的に患部を冷やして炎症を抑える効果が得られます。
特に痛みを感じなくなれば何も使用せずとも自然に治癒させることが可能になりますが、強い打ち身の症状の場合あざが長期間残ってしまう場合が多いので、内出血は体の中に自然に吸収されるのを待つほかに治療方法はありませんので注意が必要です。
安静にしていると体の筋肉が固まりやすくなりますので、痛みが引いた時点で軽いストレッチを行うようにすることも大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加