打ち身 治療法

打ち身の治療法でやって良い事と悪い事

スポンサーリンク

打ち身の厄介な所はその時には大して痛みが無いのに後に成ってから酷くなる可能性もあるので、出来れば体の一部を強く打ったと感じたら即座に対処する事が肝心ともなって来ます。
一般的に打ち身の治療法としては直ぐに冷やす事が上げられ氷や水道水等の流水で患部を冷却すると良く、概ね数十分間も行えば少なくとも症状が悪化する事は防げるのです。
ただし冷やし過ぎると今度はそれが炎症の原因となる可能性もあるので注意も必要で、特に氷を用いる場合は適度に場所を変えて同じ箇所を集中的に冷やすのは避ける様にします。
これらの処置を行った後は打ち身の症状がある部分の血行を促進する手段を講じるべきで、塗り薬やシップと言った物を活用すると治りも早い上に痛みの面でも尾を引かなく成るのです。
ただし打ち身を感じて数日後にこの様な症状に成った場合は冷やす方法は使えないので、別の対処方法を用いる事も重要となって来ます。

スポンサーリンク

こう言った時間が経った後で打ち身の症状が出た時にやっては行けないのはマッサージで、特に強く揉むのは逆効果であり下手をすると跡が残ると言った可能性もあるので触らない様にするのが賢明です。
日数が経った頃に痛み出した場合の対処方法としてはむしろ如何にして血行の流れを促進するかが大事ですので、今度は逆に患部を温めると言った方法が良い物となって来ます。
マッサージするにしても強く行うのではなく軽く擦る感じで温める様にするのも効果的ではありますが、痛みを少しでも感じる様ならばやはり止める様にする事が大事です。
ただし急激に耐え難い痛みと成ったり明らかに様子のおかしい内出血を伴う変色が現れたら注意すべきで、場合によっては骨が折れていたりヒビが入っている可能性も考えられます。
それらの症状がある場合は直ぐに病院で調べてもらう事が必要なので、無理をして治るのを待つ様にはしないと言った判断を付ける事も大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加