たんこぶ 対処

たんこぶができた時の対処法

スポンサーリンク

頭をぶつけた時にできるたんこぶは、内出血している状態なのです。
破れた血管の近くに、血液やリンパ液がたまって膨らんでいるのです。
筋肉がなく脂肪が少ない頭部は、外部からの衝撃によってすぐに血管が切れてしまうのです。
軽くぶつけた程度でしたら血漿が染み出してコブになりますが、激しくぶつけた場合は赤血球も出てきて赤いコブになるでしょう。
たんこぶが治ると、内出血によって出てきた血液は血管に吸収されるのです。
血液の量が多い場合、コブ状に固まり肉芽種に変化してそのまま残ってしまうこともあるでしょう。
これは脳に障害が起こることもあるので、病院で治療してもらう必要があるのです。
特に子供は、少なめの出血でもすぐに脳を圧迫させてしまうので病院で診てもらうと安心でしょう。
たんこぶができてしまった時の対処法には、氷や濡れタオルなどで冷やすことが大切なのです。
冷やすことにより血管を収縮させることができるので、たんこぶが大きくなることを防ぐ効果があるのです。

スポンサーリンク

6時間は安静にしておくことも大切なのです。
温めると症状が悪化する場合もあるので、当日はお風呂は控えるようにしましょう。
シャワーだけでも血流がよくなり血が止まらなくなることがあるので、体を拭く程度にするといいでしょう。
アルコールや激しい運動も、血管が拡張して出血量が増えてしまうので控えるようにしましょう。
たんこぶが出来た時の対処法には、患部に砂糖を塗る方法もあるのです。
砂糖には細胞の硬化を緩める効果があるのです。
そのため、血流が良くなったり腫れがひきやすくなると言えるでしょう。
頭痛や嘔吐や意識障害がある、出血量が多く止まらない、顔が青ざめ痙攣を起こすなどの場合はすぐに病院に行くようにしましょう。
頭を強く打った後に検査をして特に異常がない場合でも、数日〜1週間経った頃に血腫が発見される遅発性脳内血腫になることもあるのです。
2歳位の子供や40歳〜50歳によく見られる病気なのです。
頭を打ってから異常がないか調べることが大切でしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加