おでこ たんこぶ 治らない

おでこのたんこぶが治らない場所の対処方法

スポンサーリンク

転んだり机の角などにおでこをぶつけるとたんこぶができる事があります。
ぷくっと腫れて痛みがあります。
おでこや頭以外の部分をぶつけてもたんこぶができないのですがこれには理由があります。
おでこや頭は皮膚の下がすぐ頭蓋骨になっており、ぶつけたことによって内出血をしても行き場がなくなってしまうためたんこぶができてしまうのです。
大人になるとなかなかできる機会は減っていきますが、子供の頃は転びやすいためできる事が多いのです。
自分の子供にたんこぶができると驚いてしまいますが、意識がないなど大きな症状が出ていないのであれば、まずは冷やしあげる事が一番の対処方法になります。
冷やすことによって炎症や熱を抑え、腫れを改善することができるのです。
心配な場合にはあまり動かず安静にしていると安心です。
大人の場合、次の日が仕事となるとたんこぶができていると恥ずかしいので早めに冷やして処置してあげることが改善につながるのです。

スポンサーリンク

強くぶつけた時などおでこにたんこぶができる事があります。
できてしまったら冷やして対処すると早く治す事ができます。
腫れを抑える事ができるので早く目立たなくする事ができるのです。
しかし冷やしても治らないことがあります。
おでこをぶつけてから何日も経っているのに症状が変わらないのであれば一度病院で検査してもらったほうが安心なのです。
通常であればすぐに冷やしてあげれば症状は落ち着くため、治らない場合には何か他に問題があるかもしれないと考える必要もあるのです。
子供であればまずは小児科、大人であれば外科や脳外科などを受診して検査してもらうと原因がわかる場合があります。
大きな症状が出ていないから問題はないと思っていても、実は脳内で出血などを起こしている可能性もあるため放置しないことが大切です。
また皮膚に何らかの問題が出ている場合もあるため、外科や脳外科で調べて問題がなかった場合には皮膚科も受診すると安心です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加