おでこ たんこぶ 対処

おでこのたんこぶの対処の仕方

スポンサーリンク

頭を打ってたんこぶができたときの痛さといったら飛び上がるほどです。
しかし出来た時の正しい対処法はあまり知られていないように思います。
おでこにたんこぶができる理由は頭には筋肉や脂肪が少ないだけでなく、毛細血管が集中しているので強く打つと血管が切れ内出血が起こるためです。
頭のほかにも肘やすねのように硬い骨が集まっているところは、たんこぶができやすいのです。
しかし足や腕にはできずに打撲すると青あざになるのは、皮膚の下にスペースがあるので血液やリンパ液が入り込むからです。
頭を強く打つとたんこぶができるところから、危険なので正しい対処をする必要があります。
特に意識がない場合は脳が損傷している可能性があるため、速やかに病院へ連れていきます。
また意識があっても、めまいや吐き気を覚えるようなときも医師に見せるようにします。
頭部から血が出ている場合は、消毒して出血量を抑えます。
そしておでこの傷の状態を見て冷やすようにします。
冷やすことで血管を収縮させて内出血を抑えるだけでなく痛みも和らいできます。

スポンサーリンク

他には砂糖を打った場所に塗ると効果があると言われています。
砂糖には細胞が硬くなるのを緩める力があり細胞が柔らかくなると腫れもひきやすくなるのです。
治療に砂糖を使用するときは、砂糖を水溶かして布などに含み腫れた場所に塗るようにします。
そして腫れが大きくならないように動かずに静かな場所で、6時間ほど安静にしておきます。
たんこぶができても1週間ぐらいで自然治癒していきますが、やってはいけないことがあります。
ひとつはお酒を飲むことで飲酒すると血管が拡がって、出血量が多くなり腫れがひどくなるので治るのが遅くなってしまいます。
もうひとつはお風呂に入ることです。
お風呂に入ると血行が促されて、止まった血が流れてしまうのでタオルで身体を拭く程度に留めておくのが無難です。
日常でも思わぬことで頭を何かにぶつけて腫れあがることは誰にであります。
たんこぶが出来た時の正しい対処法とは、まず腫れの状態を確かめて冷やし砂糖を患部に塗り安静にしておくことです。
そしてお風呂に入ったりお酒を飲むことは避けることです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加