たんこぶ 大人 対処

たんこぶが出来た時の大人の対処法

スポンサーリンク

あるときに何も意識もしていない時に限って普段ではぶつけるはずのない場所に足や頭をぶつけてしまうものです。
その中でも足や腕は服で隠すことも可能ですが頭やおでこはそうはいきませんので早々に治したいものです。
そもそも大人になってたんこぶができてしまうというのは少し周りに対して意識が回っていなかったり気持ちが疲れていたりすると目が行き届かなくなります。
そうしたときに普段は絶対に避けるはずであるものを目測を見誤って近づいてしまい避けきれずにぶつかってしまいます。
まず大人になってたんこぶができるほど強くぶつかってしまう時には対処を素早く行うことはもちろんですがどうしてそうなったかという原因もしっかりと突き止めておかないとせっかく素早く対処して治ったあとでまたすぐ同じ目にあってしまうこともあるからです。
ほとんどの場合が疲れから来ていることが多いと思うので治している時には気持ちも体も一緒に休ませてあげるといいと思います。

スポンサーリンク

さてたんこぶが出来てしまった時の対処法ですが皆さんはどういった方法をとっているのでしょうか。
また様々な方法があると思いますがその内の一つとして知っておくだけで治療時間が短くなり膨らみも少なくて済むのでぜひ参考にしてみてください。
まずぶつけたところの大きさを見ましょう。
どれほど大きいのか、それによって用意するものが変わってくるので二度手間にならないようにするためにはまずは確認することが必要です。
その後、用意するものはブロックの氷や保冷剤などの冷たいものとバンダナやタオルなどの布です。
これで冷やすことろまでは周りでも知られていると思いますが重要なのは患部を押さえつけることです。
膨らみを抑えるためには意外と圧迫することがひどくならない方法の一つなので痛いとは思いますがしっかりと押さえつけます。
もしも保冷剤などがない場合でも押さえつけることで痛みは引かないにしても膨らみは収まりますのでもしもの時の知識としてしっかりと覚えておくといいと思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加