打ち身 あざ 早く治す

打ち身のあざを早く治す方法について

スポンサーリンク

打ち身のあざを早く治すためにはぶつけた後に直ぐにアイシングを行うことが大切となります。
特にアイシングの期間はぶつけてから24時間から72時間といわれており、その間はっ氷嚢やアイシングパックを使用して患部に密着させるように冷やすことが大切となります。
また、内出血が収まり、腫れが引いてきたら今度は保温を行うことが大切となります。
温度は36度から37度の人肌程度にし、ぬるま湯に浸したタオル等を絞り、患部に軽くあてて温めます。
その他の方法として、主に内出血による青あざの場合はつまようじ等を20から30本位束ね、痛くない程度に患部をたたきます。
この際、患部が少し赤くなる程度まで行います。
このように患部を刺激することにより、内出血を起こしている患部の血流を改善することができます。
これらの治療法を合わせて行うことでより早く治すことができます。

スポンサーリンク

次に薬品等を使用した打ち身のあざを早く治す方法を紹介します。
まず1つ目としてサプリメントで日ごろから早く治りやすい体質を作る方法です。
サプリメントでは亜鉛やビタミンKを積極的に摂取することで治りやすい体質となります。
次にできてしまってから摂取すべきサプリメントです。
こちらは亜鉛やビタミンKに加え、血流を改善するビタミンEや細胞の修復を促すビタミンCを摂取することが大切となります。
次に2つ目として塗り薬を使用した早く治す方法です。
こちらはヘパリンナトリウムを含む軟膏やクリームを患部に直接塗り込むことで治りが早くなります。
その他、インドメタシンやフェルビナックを含む軟膏やクリーム、スプレーや液体タイプ等を患部に直接塗ることで痛みと炎症を抑える効果があります。
これらの薬品等を使用するとともに最も大切なことは安静にすることとなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加