たんこぶ 柔らかい

たんこぶには、ぷよぷよした柔らかいものがあります

スポンサーリンク

頭を打ったとき、たんこぶができることがあります。
たんこぶには、「硬いもの」と、水の入った風船のように、ぷよぷよした「柔らかいもの」があります。
それらは、頭を打った時の深さや出血量によって異なってきます。
硬いものは、打った部位の皮の下で内出血が起こり、血が固まり、腫れあがっている状態です。
逆に、柔らかいものは、帽状腱膜下血腫と呼ばれるものです。
帽状腱膜とは、頭蓋骨の上を覆っている薄い膜のことです。
この帽状腱膜と頭蓋骨の間に、血が貯まっている状態を言います。
ここは、小血管が多く、血液は固まることないため、サラサラの状態なので、柔らかいたんこぶになり、どんどん大きくなっていき、大人のこぶしくらいの大きさほどになり、頭の形が変わってしまうくらい大きくなることもあります。
しかし、病院で検査を受けて、脳内にダメージがなく、異常がみられなければ、数週間かかることはありますが、徐々に腫れはひいていきます。

スポンサーリンク

たんこぶができた時場合、まず、冷静に状態をチェックすることが大切です。
意識がなく、朦朧としている場合、脳震盪を起こしている可能性があります。
頭痛や嘔吐がある場合は、脳内に損傷を受けていることがあります。
目の焦点が合っていなかったり、痙攣している場合も、緊急を要する状態です。
出血が止まらない場合は、縫う必要があるかもしれません。
また、鼻血が出る場合も、頭蓋骨に何らかのダメージを受けている可能性があります。
以上のケースでは、早急に、病院で診てもらいましょう。
その間、運動をしたり、お風呂に入ることはやめましょう。
血流が良くなって、患部が熱をもち、腫れや痛みが引かない場合があります。
上記のような危険な状態を伴わない場合の自己処置は、まず、冷やすことです。
氷嚢やナイロン袋に氷を入れて、患部を冷やして下さい。
この時、凍傷を避けるため、冷え切った冷たすぎる氷を使わず、少し、水に濡らしましょう。
いずれにして、しばらく安静にし、様子を見ることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加