たんこぶ 冷やす 期間

短期間でたんこぶを治すためには冷やす事が大切

スポンサーリンク

おでこや頭部などを強くぶつけた場合などにぶつけた部分が膨らむことがあります。
この状態を「たんこぶ」と呼びます。
おでこや頭部は他の部分に比べると筋肉や脂肪が少ない部位でありながら、毛細血管が集まっている場所でもあるため、少しの衝撃でも内出血が起こりやすく、たんこぶが出来やすい場所でもあります。
多くの毛細血管が切れてしまった場合には、膨れた部分が赤く見えることもあります。
たんこぶが出来た場合の正しい処置方法としては、まず、状況を確認するようにします。
朦朧としている場合や吐き気、ふらつきが見られる場合には、脳が損傷を受けている可能性がありますので、速やかに病院を受診するようにしましょう。
さらに、患部から出血しているかどうかも確認します。
毛細血管が多いため、出血量が多くなる可能性がありますので、しっかりと止血をするようにし、早めに病院を受診するということが大切です。
必要に応じて医薬品を使用する場合もあります。

スポンサーリンク

たんこぶが出来ていても意識がしっかりとしており、出血なども見られないという場合には、患部を冷やすようにします。
これは、毛細血管を収縮させることで、止血をするという効果がありますし、冷やすことにより痛みを和らげる効果も期待することが出来ます。
患部を冷やしている期間は、ゆったりとリラックスすることが出来る環境の中で安静にするようにしましょう。
激しい運動などを行うと、出血が多くなり、治るまでの期間が長くなってしまうので、注意が必要です。
また、冷やす以外の方法として、砂糖を使用する方法があります。
砂糖には、細胞を柔らかくする効果があると言われており、腫れを早く引かせることが出来るとされています。
少量の水に砂糖を溶かし、それをたんこぶに塗り、上からガーゼで固定するようにします。
痛みが軽減されたら、取り外すようにしましょう。
なかなか症状が治らないという場合には、病院を受診するようにすることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加