幼児 たんこぶ 治らない

幼児のたんこぶが治らないと心配の方に

スポンサーリンク

そもそもたんこぶは皮下血腫と言って頭やおでこを打って内出血して血液やリンパ液が頭蓋骨の外にたまることでできます。
それが成人のたんこぶならば心配はないですが、幼児のたんこぶだと早く治らないかと心配になると思います。
幼児は走ることで転んだ時の衝撃が大きくなる傾向にあり、公園や体育館でよくぶつかったりすることが考えられます。
小さな赤ちゃんや幼児は「椅子から落ちた」、「ベットから転落した」といったことでも素人判断せず注意して幼児の状態を確認することが大切です。
その場合まずは幼児の頭部を確認して外傷の確認、そして意識の確認です。
意識がはっきりしているかどうかで脳への損傷もいち早く確認できるので、意識の昏睡や吐き気、もうれつな頭痛を幼児が訴えるならすぐに病院へ行きましょう。
また外傷の確認は化膿を防ぐためで、脳への損傷は軽微でも外傷が治らないと心配だと思うので、その場合もまた早めに病院に行くようにしましょう。

スポンサーリンク

しかしながらよく壁にぶつかったりこけたりするものでそのたびにたんこぶは出来ますが、大抵の場合気にする必要はありませんしもし吐いたとしても子供の嘔吐中枢は敏感なので頭部への衝撃で嘔吐することはよく有ります。
しかしながらやはり頭をぶつけたことで心配が残ると思います。
病院に連れて行くほどではないが、心配だという場合は親が適切な処置をしてあげることが大切です。
まずたんこぶの処置です。
一番は冷やすのが効果的でおでこの場合は熱対策グッズ、髪の毛がある場合は氷や保冷剤などで冷やします。
髪の毛がある場合大人が持っておく必要がありますが貼るものは使えないので仕方ありません。
次に鼻血の処置です。
たんこぶがある場合顔を打ってる可能性もあります。
鼻血が出ている場合、ティッシュで押さえ、椅子に座らせます。
その時の体制はうつむき加減にしといて下さい。
そして片方の手で鼻をつまみ、10分ほどじっとさせましょう。
すると大抵の場合止まっています。
もしこれでも止まらないという場合は、念のため病院で診察してもらいましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加