たんこぶ 応急処置 仕方

たんこぶが出てきた時の正しい応急処置の仕方について

スポンサーリンク

たんこぶは、頭を強く打った時に出てくるものであり、頭は人の体を動かすための信号を送る脳がある場所であるため、他の部位を打った時よりも慎重に応急処置を行う必要があります。
たんこぶができた時の正しい応急処置の仕方について説明していきます。
まずは、頭を強く打ったという事は脳にも影響した事を想定する必要があり、脳の神経に異常が起こっていないかを確認する事が最も重要です。
意識はあるか・体がしっかり動くか・体の動きに左右で差が生じていないか・たんこぶから出血はしていないか・鼻血は出ていないかなどを調べるようにしましょう。
もし、これらの事を調べて異常が見られた場合には、必ず医療機関を受診し、早いうちから治療をしてもらうようにする事が大切です。
応急処置の仕方の基本としては、冷やす事が大切です。
患部を冷やす事によって、血管の収縮が起こり、血管の拡張を抑える効果があるため、たんこぶが大きくなる事を予防する事に繋がります。

スポンサーリンク

冷やす方法以外にも、料理に使用される砂糖を少なめの水で溶いたものを患部に塗る事も、効果的だと言われています。
料理で砂糖を使用すると、固い食品をやわらかく仕上げる事が出来ます。
このように、砂糖は細胞の硬化を緩くするための効果があるという事が分かっており、細胞の硬化を緩くする事で、血液の流れが良くなったり、腫れが引きやすくなるので、治りが早くなるという効果があります。
最後は、たんこぶが出来た後は体温を上げてしまうと、血管の働きを促進されるため、体温を上昇させないように、数時間は安静を取るようにしましょう。
その間は、運動や入浴などの体を温めるような事をしないようにする事が早く治すためには大切だと言えます。
このように、頭を強く打った時は脳の神経に異常がないかという事をまず確認してからたんこぶの位置を把握し、冷やしたり、濃いめの砂糖水を患部に塗ったりしながら安静を取るといった正しい応急処置を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加