たんこぶ 対処 砂糖

たんこぶの対処には砂糖がきく

スポンサーリンク

昔ながらの古い民間療法や通説、いわゆるおばあちゃんの知恵はさまざまです。
風邪を引いたら首にネギを巻くとか医学的根拠があるのかは定かではないですがそれで症状が改善したというかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はたんこぶの対処に砂糖がきくというおばあちゃんの知恵を紹介したいと思います。
どこかにぶつけてしまうと頭皮と頭蓋骨の間の血管から出血し血がたまることでたんこぶができます。
ずきずきと痛むたんこぶを抑えるために冷やしたりひどいときには嘔吐や痙攣をおこすので病院に行かなければなりません。
痛みを抑えたり治りを早くするために砂糖を用いるとよいとされています。
砂糖には消毒作用があるとされ、傷口にペースト状のものを塗る民間療法などもあり、また食物を保存するときに使われることから防腐作用もあります。
そして何より冷水などで冷やすと同様の放熱作用があるとされていてそれらの理由によりたんこぶができたときには砂糖を用いた民間療法が使われているのです。

スポンサーリンク

この消毒作用はアフリカでも信頼を得ていてバクテリアの発生を抑え、床ずれや潰瘍の治療に効果があるとされています。
たんこぶは内出血とはいえ皮膚を清潔に保つことはとても重要でよい治療法であることは間違いないといえるでしょう。
また砂糖を使う意味としてホメオパシー療法でレメディという砂糖玉を用いる理由からもよいとされています。
ホメオパシー療法とは200年前に確立され、薬や抗生剤を用いることなく必要最低限の治療によって、体に悪影響を与えず副作用もなく症状だけを改善していく超微量の法則を基底とした療法のことです。
こういったことからも分かるように、やはり薬や病院での治療に頼らない民間療法として重宝されているように思えます。
対処法としてはそのままつけるのではなく、水に溶かしどろどろの固形物をカーゼなどにつけ、たんこぶの部分に湿布のようにつけると湿潤効果もあってなにもしないよりも早く症状が改善されるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加