たんこぶ 完治 方法

たんこぶを完治させる方法

スポンサーリンク

小さいころ、転んだときや何かをぶつけた時によくできていた「たんこぶ」。
この正体が何かご存じでしたでしょうか。
たんこぶは、別名「皮下血腫」と言います。
頭やおでこを打ったときに内出血が起き、血液やリンパ液が頭蓋骨内にたまることによって腫れできる、できもののようなものです。
脚や腕などにはできにくいもので、それは頭のすぐ下に固い骨があるため、血液が行き場をなくし、腫れることしかできないため、と言われています。
誰でも一度はできたことがあるのではないでしょうか。
たんこぶは「放っておいても治る」と思われがちですが、出血を伴うものなどは、黴菌が繁殖して悪化する危険性もあるので、適切な処置が必要となる場合もあります。
また、外傷がなくても、頭を打ったときなどには少なからず脳に影響があります。
ふらついたり、吐き気などを伴う場合も、同じく悪化の危険があるので、適切な処置が必要となります。
では、たんこぶを完治するためには、どのような方法をとったら良いのでしょうか。

スポンサーリンク

一番最初に行うことは、「状態を確認すること」です。
出血している場合は、まずはしっかりと消毒を行い、感染症を防ぎます。
また、「意識の確認」も合せて行います。
意識がもうろうとしている場合や、吐き気やめまいといった症状がみられる場合はすぐに病院へ行きましょう。
また、自分で出来る一番適切な処置方法は「患部を冷やすこと」です。
たんこぶが出来ているということは、内部に血がたまっているということになります。
冷やすことで血管を収縮させ、現状より腫れることを防ぐことができます。
また、「砂糖を塗る」という方法もあります。
砂糖には、細胞の硬化をゆるめ、血流がよくなり、腫れが引きやすくなるという効果があります。
逆に、患部をもんだり、必要以上に触ることはやってはいけません。
外傷がある場合黴菌がはいってしまいます。
いかがでしたでしょうか。
以上のことに気を付ければ、たんこぶは完治が可能です。
ほうっておく前に、一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加