赤ちゃん たんこぶ 冷えピタ

赤ちゃんのたんこぶは、冷えピタを使って冷やすと効果的

スポンサーリンク

赤ちゃんは、運動能力が未熟な為、テーブルや家具、床で頭を打つ事がよくあります。
特に、はいはいをするようになり、自分で自由に移動できるようになると行動範囲が広くなりこうした事故も増えてきます。
周辺に危険な箇所が無いか日頃から大人がチェックしておく事で、重大な事故を防ぐ事ができます。
どんなに大人が注意していても、赤ちゃんが突然動き出しゴツンと頭部を強く打ち付けてしまう事もあります。
頭を強く打った場合は、周囲の大人が頭の状態や赤ちゃんの様子をしっかり観察し、応急処置をしたり、病院を受診したりしなければなりません。
具体的な対処法を説明していきます。
まず、打ちつけた場所から出血しているか、たんこぶができているかどうか、できている場合はその大きさを調べます。
次に、赤ちゃんがぐったりしている、意識がもうろうとしている、嘔吐を繰り返す等、いつもと明らかに違う様子があるかどうか観察します。
出血が多い、たんこぶが異常に大きい、いつもと明らかに様子が違う場合は、至急病院に連れて行くか救急車を呼びます。

スポンサーリンク

頭を打った衝撃で皮膚の下で出血がおこり、流れ出た血液等が行き場を無くし膨らんで見えるのがたんこぶです。
たんこぶができているが、それほど大きくなく出血もなくいつもと変わらない様子であれば、応急処置をした上で、しばらく安静にして経過を観察します。
応急処置としては、たんこぶができている患部を冷えピタを使って冷やすと効果的です。
冷やす事で、血管の収縮を促し腫れや出血を最小限に抑える事ができます。
また、痛みを和らげる効果もあります。
冷えピタは、熱を冷ます働きを持つシートで、主に発熱時や疼痛時に使用します。
近年、赤ちゃんでも使える冷えピタも開発されており、薬局で簡単に入手できます。
冷えピタは、患部に貼ると簡単に取れないので動きが活発な赤ちゃんには最適です。
髪の毛のある場所にできてしまった時は、冷えピタではなく保冷剤等を使って冷やすようにします。
頭を強く打った場合は、打った直後ではなくしばらくたってから症状が出る事があります。
たんこぶの状態と共に、最低2、3日は変わった様子がないか観察する事が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加