たんこぶ いつ治る

たんこぶはいつ治るのか

スポンサーリンク

たんこぶが出来たらいつ治るのかというと、人によってそれぞれ個人差があります。
たんこぶとは、血が皮膚内部に溜まった血腫と言われるものです。
血ではなく浸出液が皮膚内部に溜まっている場合もありますが、膨らみが丸くなっているものは血が溜まっているものです。
血はある程度出血しても、固まる性質があるのでサラサラとした血が溜まると段々とゼラチンのような固まりになり、触るとブヨブヨと柔らかくなります。
溜まった血は、少しずつ時間をかけてまた体内へと吸収されていくのでたんこぶも少しずつ小さくなって自然と消えていきます。
いつ治るかと言うと大体2週間ぐらいかけて血が体内に吸収されていくので2週間後にはたんこぶが消えてなくなると考えられます。
ですが、あまりにも出血量が多かったり出血した範囲が広いと溜まった血は完全に吸収するのが難しくなり、繊維状になって皮膚内部に残ってしまうことがあります。
もし繊維となって皮膚内部に残った場合は、手術して切除する必要があります。

スポンサーリンク

たんこぶを早く治すには、患部が腫れ出してからすぐに冷却することです。
腫れ出した日から3日くらいは冷やすようにします。
肌に直接刺激にならないように氷や保冷剤は布袋に入れるか、タオルに包んで患部に当てます。
3日以上経って痛みが無くなって腫れが引いて来たら今度は温めるようにします。
冷湿布や温湿布があれば、一度貼り付けておけばそのまま数時間は維持できるので楽ですが、自分の体の熱によって冷たさや温かさが奪われてすぐにぬるくなってしまいます。
ぬるくなったらすぐにまた新しいものに貼り換えて冷たさや温かさを保てるようにすれば湿布も便利に使えます。
頭は大人であれば硬い骨に守られて丈夫な部位ですが、打ちどころによっては強いダメージを受けていることもあります。
数日様子を見ても痛みが強いようであれば、脳神経外科を早めに受診します。
特に、吐き気や頭痛などが出るようであればとにかく早めに病院を受診して詳しく検査する必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加