頭 強打 たんこぶができない

頭などを強打してもたんこぶができない人が注意すべき事柄

スポンサーリンク

日常生活での出来事によって、多かれ少なかれ体の異常を抱える確率があります。
そうした日常的な行動で起こり得る症状の1つに、たんこぶが挙げられます。
そもそもたんこぶは、正式名称を皮下血腫と呼ばれています。
この症状は皮膚表面のある部位を強打した時に受けた衝撃によって、内部にその衝撃が伝わった結果、皮下にある血管が切れて液体成分が流れ出る事で生じます。
皮下部分にある血管から流れ出た成分が溜まり、その部位の皮膚表面が盛り上がって見える現象がたんこぶです。
そしてこの症状は、人によってできやすい人とできにくい人、あるいはたんこぶができない様な人に分かれると言われています。
一般的には成人後の人はできにくく幼児はできやすいタイプだとされます。
その理由として挙げられるのが皮下組織の柔軟性です。
幼児期はまだ体の発育が不充分なため、組織が比較的柔らかい状態となっています。
そのため皮下での出血が起きると、その範囲の皮膚表面組織が伸長しやすくなっているため、こぶの膨らみも目立ちやすくなっています。
逆に高齢者では皮膚の柔軟性が少なくなっているため、何処かを強打してもたんこぶになりづらい状態となっています。

スポンサーリンク

したがってたんこぶは高齢者より幼児の方が発見しやすいため、それに繋がる様な衝撃を受けた事を把握しやすくなっています。
また一般的にたんこぶは、受けた衝撃が大きければ大きいほど膨らみやすいと言われており、その大きさによって衝撃の程度も把握しやすい事になります。
できるだけたんこぶができずに、あるいはできても小さく済む様な、衝撃のリスクが少ない生活にする事が求められます。
ただし注意が必要なタイプが、衝撃を受けているのにたんこぶができない、またはできにくい状態です。
衝撃を受けた事を発見しづらく、またどの程度の衝撃を受けたのかも把握しづらいため、対処がしづらくなるためです。
特に頭への衝撃を受けた時は、見た目のこぶが分からない程度だったとしても、それが頭がい骨内部での血腫に繋がる等の危険性があるため、注意が必要です。
仮に頭への衝撃を受けた記憶がある場合、頭痛の長期化や意識障害、視野の異常、おう吐や手足のしびれ等といった何らかの異常が続いている時点で、脳神経外科を受診する事も必要だとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加