打ち身 病院 何科

打ち身の原因と対処方法、病院は何科へ行けば良いのか

スポンサーリンク

スポーツなどでケガをした場合に打ち身になる場合があります。
強い衝撃で身体を打ちつけることにより、怪我をする症状です。
これは、スポーツなどの他にも交通事故による物や生活していく上の事故など思わぬ怪我ということで打ち身になることがあります。
このような症状が起こった場合の対処方法としては、まずは患部を冷やすということです。
怪我をした部分は熱を発して腫れが出てきます。
これを少しでも押さえる為に冷やすということが応急処置であります。
痛みを伴い動けない状態になる場合もあります。
このような場合は、冷やすと同時に病院へ行くことであります。
軽い打ち身の場合は、冷やすと有る程度痛みが治まり、市販の湿布を貼ると治るケースがあります。
しかしひどい場合は、病院へ行かなくてはいけないのです。
そのまま放置してしまうと炎症がひどくなり大変なことになる場合もあります。

スポンサーリンク

では、病院へ行く際何科へ行けば良いのかといいますと、外科、整形外科と行った外科へ行くのが良いです。
近くに外科が無い場合は総合病院へ行くと良いです。
内科でも対処してくれるのでありますが、外科へ移動されるます。
ひどい場合で動けない場合は、救急車を呼ぶことです。
打ち身だけが原因では無い場合があるのですぐに救急搬送するのが良いです。
また、打ち身になった瞬間は痛さがあまり無い場合もあります。
その為、大丈夫だと思っても翌日後遺症が出て痛くなる場合があります。
交通事故の怪我に多いことであります。
たとえ痛くないと思っても怪我をした思われる患部は冷やすことが良いです。
その後病院へ行って検査をして貰うなどをすると後遺症が無く済む場合があります。
このようなことからまずは応急処置を行い少しでも患部の支障を緩和することが良い方法であります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加