打撲 内出血 湿布

打撲になったら湿布で治療する事ともし内出血があった場合

スポンサーリンク

何らか衝撃を受けて打撲になることがあります。
最初は、痛みがある症状が出て後に治まってきますが、時間が経てば又痛くなるのが特徴です。
その時間は数時間後や1日、2日経ってからが多くあります。
よく交通事故などで最初は軽い痛みで何ともなくても時間が経てば痛くなる場合があります。
このような事を後遺症といい、筋肉の収縮の関係で起こるのです。
治療方法は、主に冷やすことが一番良いです。
最初に衝撃を受けた時にすぐに冷やすのが一番良い方法ですが、痛みも無いから大丈夫と放置しがちになってしまいます。
勿論の事痛みが出てから冷やす方法は行わないといけませんが、病院などへ行くと湿布薬を貰えるのでそれを貼ることと良いです。
そんな打撲でありますが、場合によっては内出血している場合があります。
そのような場合も同様に冷やすことや湿布を貼ることが必要です。
場所によってはすぐに病院で見て貰う必要があります。
内出血の場所によっては、骨折などの大きい怪我になっている場合があるのです。

スポンサーリンク

対処方法としては、衝撃を受けないことが一番良いのですが急なこともあるので油断は出来ないものです。
日頃の行動を慎重にする方法しかないのです。
またこのような打撲してしまった場合ですが、軽い症状の場合は病院へ行かずに自然に治す方法もあります。
主に冷やすことを忘れないことです。
また酷い場合はすぐに病院へ行き外科で診て貰うことです。
多くは、湿布薬を処方されますのでそれを貼って様子を伺うと良いです。
また内出血している場合は、その症状によっては手術も必要になる場合があるので内出血している場合はすぐに診て貰うと良いです。
打撲の症状で頭が痛くなることや身体が動かない場合などは特に危険ですので、その場合もすぐに病院へ行くことです。
必要があれば救急車を呼んで病院へ行くようにすると良いです。
症状にも寄りますが打撲は約1ヵ月程で完治します。
単なる打撲でありますが、その症状によってはとても危険な怪我でありますので注意が必要なのであります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加