打ち身 痛み止め

打ち身による強い痛みに対する痛み止め

スポンサーリンク

日常生活のなかでは、何らかのきっかけで、壁や突起物などで打ち身をすることがあります。
それが弱い力で発生するのであれば、保冷材で冷却するといった治療だけで、痛みが改善していきます。
しかし、強い力で発生した場合には、その程度の治療だけでは、十分に改善しないことがあるのです。
そして、あまり強い痛みが発生すると、日常生活に支障が出ることもあります。
例えば足の指を強く打つと、痛みのために歩行することが困難になることもあるのです。
もちろんそうした場合であっても、ある程度の期間安静にしていれば、痛みは改善することが多いです。
いっぽうで、日常生活を過ごすには、安静にできないケースもよく存在します。
そこでよく利用されるのが、痛み止めを用いることです。
痛み止めを利用すると、痛みをブロックできるので、日常生活を過ごし易くなります。
そうした、打ち身で発生した強い痛みで用いる痛み止めは、大きく分けて3種類存在します。

スポンサーリンク

そのなかで、いちばん利用される機会が多いのが内服薬です。
内服薬は、さらに非ステロイド性消炎鎮痛剤とアセトアミノフェンに分かれます。
非ステロイド性消炎鎮痛剤は、アセトアミノフェンよりも、鎮痛効果に優れています。
いっぽう非ステロイド性消炎鎮痛剤は、副作用として胃腸障害を起こすことがあるのです。
そのため内服薬を選択するときには、上手く使い分けをすることが必要になります。
2つ目の痛み止めとしては、注射を用いる場合があります。
注射であるということから、ピンポイントに効果を発揮させ易いことが長所です。
3つ目の痛み止めは、点滴を用いる方法です。
点滴ですから、静脈に薬の成分を直接注入することが可能です。
そのため、痛みを軽減させる効果は、この方法がいちばん高くなります。
ただし、注射や点滴の場合には、感染のリスクがあることも忘れてはなりません。
このように、痛み止めには各々特徴がありますので、上手く使い分けることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加