打ち身 あざなし

打ち身であざなしの場合の対処法について

スポンサーリンク

散歩の際の転倒などによって打ち身が発生する場合があります。
この場合、患部の見た目にあざなしの場合は内出血の可能性は低いと考えられます。
なぜなら内出血を引き起こすと、皮膚の表面が青くなったり紫色に変色することが一般的だからです。
もっとも、患部にあざなしの場合であっても痛みが強い場合は外科などに行く事を推奨します。
なぜなら、痛みが強い場合は骨折をしている可能性があるからです。
骨折をした際は、皮膚の表面にあざが出ない場合があります。
その代わりに痛みが強く続き、患部が腫れる可能性が高いです。
そのため骨折が疑われる場合はレントゲン検査などを行うことを推奨します。
レントゲン検査の結果、骨折ではなく打ち身であると判明した場合は、湿布などによって治療を行うことが一般的です。
また打ち身の痛みが強い場合は、痛み止めの飲み薬を処方されるケースがあります。
もっとも痛み止めは副作用などの問題があるために、妊婦や高齢者には処方されない場合があります。

スポンサーリンク

柔道や陸上競争などのスポーツなどを行って転倒した際に、打ち身が発生する場合があります。
そして痛めた患部があざなしの場合は、内出血の可能性は低いですが、時間が経過した後に患部にあざが発生する場合があります。
そのため、打ち身で痛みが強い場合は病院に行くことを推奨します。
例えば痛みで歩行が困難になる場合は早めに病院の検査と治療を行うようにしましょう。
また、患部の痛みを緩和する湿布は一般の薬局でも販売しています。
この際、自分の症状に合う湿布がわからない場合は、薬剤師に相談するようにしましょう。
湿布などの処方によって痛みが緩和される事が多いですが、もしも慢性的に患部の痛みが続く場合は温泉に行くことも効果的です。
温泉の成分の中には、打撲や打ち身などの怪我の症状を改善させるものがあります。
また、後から患部にあざが発生した場合は、内出血等を引き起こしている可能性があるために、病院で治療を行うと良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加