内出血しやすい 原因

内出血しやすい原因について

スポンサーリンク

ぶつけるなどして外部から衝撃を受けると、皮膚内部の組織が破壊されることで内出血が起きます。
それは後に痣として青紫のような皮膚の色になります。
自分で自覚がある場合は実際に内出血していることが多いですが、気づかないうちに内出血している場合もあります。
体質的に内出血しやすい人としにくい人が居るからです。
慢性的な血行不良な人、冷えなどで全身の血液が上手く流れていない人に多いです。
肩こりがある人、頭痛が起きやすい人、傷跡が治りにくい人も内出血しやすい傾向にあります。
女性の場合は体の構造が原因で内出血が起こりやすいです。
女性はホルモンバランスが崩れやすいですが、ホルモンバランスによっては内出血しやすくなることがあるので、特に生理中などに痣が出来ることも良くあります。
貧血の人は鉄分が不足しますが、鉄分が不足すると血管ももろくなるので内出血しやすくなります。
筋肉が少ないのも原因の一つになります。
出血する時に筋肉が収縮することで血管が圧迫されて出血しにくくなるからです。

スポンサーリンク

内出血が起こると部位によっては触ると痛むこともありますし、見た目的にも気になる場合が多いです。
予防対策としては、体質を改善することです。
血管を丈夫にするには、コラーゲンや鉄分、ビタミンKやビタミンCを積極的に摂ることです。
コラーゲンは丈夫な血管を作るサポートをし、鉄分はコラーゲンの吸収を助けます。
ビタミンKは止血作用があり、ビタミンCも出血を防ぐ働きがあります。
コラーゲンを多く含む食材には、手羽先や鶏肉、軟骨、豚バラなどがあります。
鉄分を多く含む食材には、しじみやあさり、レバー、ひじきなどがあります。
ビタミンKには、ホウレン草やモロヘイヤ、納豆などがあります。
ビタミンCには、キウイやイチゴ、レモン、柑橘類などのフルーツに多く含まれています。
お風呂に浸かって体を温める習慣を身につけて、冷たいものの飲み食いは避けます。
また、適度に運動する習慣も身に付けて筋肉量を増やすことで内出血しにくい体質づくりが出来るようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加