打ち身 冷やす 温める

打ち身を起こしたらまずは冷やすその後、自然な範囲で温める

スポンサーリンク

身体を強く打ちつけたときの打ち身、痛いですよね。
特にスポーツなどをしているときに多く発生する怪我の一つといえます。
さて、打ってしまったときにまずはどうしたらいいのかわからない方も少なくないと思われます。
特に、冷やすのか温めるのか判断に困ることもあるでしょう。
打ち身をしたときの応急処置について説明しましょう。
まず覚えておきたいのは「打ち身を起こしたらできるだけ早く冷やす」ということです。
冷やすことで痛みを軽減することができますし、血管を収縮させることによって腫れることや炎症を起こすことを防いだり軽減したりすることができます。
冷やす際にはどんな物を使えばいいか。
最もいいのはアイスバッグ(氷のう)なのですが、アイスバッグがないときはビニール袋に氷水を入れて、タオルで包んだもので代用することができます。
氷水入りのビニール袋を直接肌に当てると逆に痛みが増したり凍傷を起こしたりすることもあるので注意しましょう。
なお、冷却の目安の時間は10分〜20分程度です。
痛みが続く場合は少し間をあけながら続けます。

スポンサーリンク

痛みがひどいときに温めることはできるだけ避けておいた方がいいでしょう。
入浴する際も、シャワー程度で済ますなど、あまり温めすぎないことが大事です。
しかし、ある程度痛みがひいて、腫れがない場合は自然な範囲で温めることで血流を促すことができます。
よほどひどい打ち身でない限り、最初にきちんと冷やしておけば日常生活上で行う温めることはおおむね問題ないでしょう。
なお、参考になる用語として怪我をした際の処置として「RICE処置」を紹介しておきましょう。
「R=Rest(安静)」、「I=Ice(冷却)」、「C=Compression(圧迫)」、「E=Elevation(拳上、患部を心臓より高くする)」の四つです。
これは打ち身をはじめ、怪我や故障をした際におおむね共通する処置なので覚えておくと、いざというときにきっと役に立つと思われます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加