内出血しやすい 病気

内出血しやすい病気の種類

スポンサーリンク

内出血しやすいのは、ぶつけた時やケガなど何か強い衝撃が加わった時ですが、病気が原因で起きることもあります。
紫斑病は、体内で小さな出血を起こすもので血管自体がもろくなり、塞がりやすくなることで出血を繰り返します。
内出血した部分は、紫っぽい色になるという特徴があり、広範囲にわたって内出血することもあります。
紫斑病になるにはいくつもの原因が考えられます。
血小板の数が極端に減ったり、機能が障害を受けたりと異常が起きると内出血しやすい状態になります。
血管の壁が壊れることでも起きることがあります。
原因は薬物の過剰摂取によって起きることがあります。
医薬品の乱用で起きるケースが多いです。
アレルギーによって起きることもあります。
食物アレルギーや溶連菌などの感染で毛細血管に異常が起きることがあります。
また、血友病などの病気でも起きることがあります。
血友病の場合、症状が重くなると内出血に留まらず内臓でも出血が起こるようになることがあります。

スポンサーリンク

治療は、基本的に薬物療法になります。
その症状に合わせた治療薬を使う対症療法になります。
ですが、食生活を変えて血管を丈夫にする環境を作ることも大切です。
血管を丈夫にする食べ物には、魚や海藻、納豆、お酢、野菜があります。
魚は特に、サンマやアジ、サバ、イワシ、マグロなどの青魚には血中コレステロールを下げる油が入っているので血管を強くするだけでなく血液もサラサラにしてくれます。
海藻のヌルヌルはフコイダンという水溶性の食物繊維で、血管内に溜まりやすいコレステロールや脂肪などを除去して血管が塞がってしまうのを防ぐ作用があります。
海藻は、主に昆布やめかぶ、わかめ、ひじきなどがあります。
納豆には、納豆キナーゼと言う成分が含まれているので血管内の固まりを溶かします。
お酢に含まれる酸は、老廃物の排出を促して血管を洗浄します。
ビタミンAやビタミンC、カリウムを多く含むホウレン草やトマト、ブロッコリーなどがあります。
これらの食材を中心に摂るようにし、水分をこまめに摂り、塩分の摂取を少なめに心がけることも対策になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加