内出血 斑点

内出血時に赤い斑点のようなものができる病気があります

スポンサーリンク

内出血とは身体に強い衝撃を受けたことによって身体の中の血管が破れてしまい、破れた血管から血液が流れ出てしまう現象です。
しかしこの時、一般的な怪我と異なり皮が剥けた、皮膚を切ったなどの血液が身体の外に出る穴のようなものがないため、血管から出た血液は体内に溜まってしまいます。
この現象によって皮膚に青色の痣が浮かび上がり、腫れや炎症を引き起こします。
中には痣ではなく斑点が浮かび上がることもあります。
内出血の原因となる強い衝撃とは打撲や打ち身によるものが一般的で、状況によっては脱臼でも起こる時があります。
参考までに子供の頃に頭にたんこぶを作った人も多いかと思いますが、実はたんこぶの正体は頭部で起こった内出血なのです。
腕や足の強打によって起こる例が多くありますが、もしも頭や顔を強打した時は骨にまで衝撃が伝わることがあります。
その場合、のちに身体に深刻な事態を引き起こすこともあるため病院へ行って医師に診てもらってください。

スポンサーリンク

強打や火傷をした場合、RICE法と呼ばれる安静、冷却、固定、高挙を意味する英語の頭文字を取った応急処置法があります。
これはほとんどの怪我に対応しており、もちろん内出血にも効果があります。
しかし内出血をした時に皮膚に赤い斑点のようなものが浮かび上がる現象があります。
こちらは紫斑病と呼ばれる病気の一種のため、症状が現れたら病院へ行き医師の診察を受けるようにしてください。
ちなみに紫斑病にはいくつかの種類と症状があります。
内出血時の早期の回復処置については、第1に患部の冷却を優先させます。
この処置により身体の中の止血と症状の悪化や拡大を抑え、腫れと炎症にも効果があります。
冷却時間は最低でも1日ほどなので保冷剤などを患部に固定させる必要があります。
腫れや炎症が治まった後は、今度は逆に患部を温めます。
これは患部の血行を促進することによって血行を促進させ、身体の自然治癒力を高める効果を得るためになります。
しかし、この方法を行う時は必ず腫れなどが治まったことを確認してからになります。
状態を見誤ると逆効果になってしまうため、十分ご注意ください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加