皮膚 赤い斑点 内出血

内出血の時に皮膚に赤い斑点ができる病気があります

スポンサーリンク

内出血とは強い衝撃を受けたことによって身体の中の血管が破れ、そこから血液が流れてしまう現象を指します。
しかし一般的な怪我と異なり皮膚の表面上は衝撃を受けただけで切れていないため、血管から出た血液は身体の外に出ることはなく負傷した皮膚の周辺に溜まってしまうのです。
そのまま放置しておくと内出血部を中心に痣ができて腫れや炎症を起こしてしまうので、即座に冷水や氷で患部を冷やす応急処置を行ってください。
内出血が起こる原因である強い衝撃とは喧嘩などで殴られた、ボール遊びで強くぶつけられた、転んでしまったなどがあります。
症状に言い換えると打撲や打ち身、場合によっては脱臼があります。
ちなみに子供が頭にたんこぶをつくることがありますが、実はたんこぶの正体は頭部で起こった内出血なのです。
負傷した場所によっては家や学校での処置が十分ではなことがあります。
もしも頭部や骨にまで衝撃が加わった場合は病院へ行って医師に診てもらってください。

スポンサーリンク

ほとんどの怪我はRICE処置と呼ばれる怪我を負った時に行う応急処置で対処することができ、これは内出血の場合でも当てはまります。
RICE法とは安静、冷却、固定、高挙を意味する英語の頭文字をとった言葉です。
この例では負傷した患部の冷却を行いギプスなどで固定して安静にする処置方法のことを指します。
治療処置を行っている時に人によっては患部に赤い斑点のようなものができることがあります。
これは内出血を起こしたことによってかかる病気の一種で、紫斑病と呼ばれています。
身体の中でごく僅かな出血を繰り返すことによって皮膚に赤い斑点となって浮かび上がる特徴があります。
この病気にはいくつかの種類が存在し、種類によって症状が異なり中には詳しい原因が不明のものもあります。
RICE法より早く治す方法として患部を冷やしてから温める方法があります。
なぜ温めるのかと言うと、血行を促進させて身体の自然治癒力を高めるからです。
ただしこの方法は患部の腫れや炎症が治まるまで冷やしてから行うことが条件になります。
温める処置が早すぎると逆効果になってしまうためご注意ください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加