顔 赤い斑点 内出血 原因

顔に見られることが多い赤い斑点は内出血などが原因

スポンサーリンク

何気なく鏡で顔を見た時に、赤い斑点のようなものがあることがあります。
何かの病気にかかったのではと焦ってしまう人もいますが、多くの場合は内出血がその原因です。
私達の体の中には無数の血管があります。
その中には体の表面に近い場所にある血管もあります。
そういった細い血管が何らかの原因によって切れてしまった場合、それが内出血となって赤い斑点として現れることがあるのです。
顔の中では目の周りが皮膚が薄いということもあり、そういった症状が見られることが多い場所です。
体に大きな負担がかかったことが主な原因であり、思いっきり泣いたりした後にはこういった症状が見られることがあります。
また、女性の場合には出産によって見られる症状でもあります。
出産は女性にとって体に大きな負担をかけることになり、内出血してしまうことがあるのです。
痛みやかゆみといった症状が無い赤い斑点の場合は自然と消えてしまいますので、気にし過ぎないことが一番です。

スポンサーリンク

顔の中でも特に目の周りに見られることが多い赤い斑点は、強い力が加わったことで内出血しているのが原因であることがあります。
これは運動などをした場合に、瞼などに赤い斑点が出来るのと同じで皮膚が薄い場所でよく見られる症状です。
しかし、それ以外にもこういった症状が見られる場合もあります。
老人性血管腫もそういった症状が見られる原因の一つです。
赤いほくろのようなものが出来てしまう老人性血管腫の初期症状として赤い斑点が見られることがあるのです。
老人性血管腫は老人性というように高齢者に多く見られる症状の一つですが、若い人の間でも見られることがあります。
老人性血管腫は不規則な生活をしていると出来てしまうと考えられています。
体に悪影響などはありませんが、見た目が悪いので出来てしまうと困ってしまうので手術で除去するのが一般的です。
レーザー治療や液体窒素を使った手術などにより手術跡も残らず治療が出来ますので、もし老人性血管腫の疑いがある場合には怖がらずに医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加