嘔吐 内出血

嘔吐と内出血の関係性

スポンサーリンク

激しい嘔吐をした後、顔に異常を感じることがあります。
これは顔の一部分に内出血が発生していると、このような症状があらわれます。
特に過食嘔吐の後に内出血が見られる事が多く、この時は顔が大きくなり、さらに胃の機能が低下しミネラル不足が原因でむくみがおこります。
内出血との関係性ですが、吐くと通常よりも睡液が分泌されるので、睡液腺が働きすぎて腫れてしまいます。
特に耳下線と呼ばれる大きい睡液腺は耳の下からあごの辺りまで広範囲にわたって広がっている大切な器官です。
ここが腫れてしまうと下膨れた顔になってしまいます。
顔が大きくなる、というのはこれが原因です。
そしてこの状態でさらに嘔吐を続けると内出血を起こしてしまうのです。
嘔吐すると力が入ってしまうので、圧力がかかります。
あまりにも強い圧力がかかってしまうと血管が切れて内出血を起こします。
腫れた状態は痛みが伴わない時もありますが、内出血を起こすとかなり痛みがあります。

スポンサーリンク

目の周りは眼球には毛細血管が多く集まっているので、無理な圧力がかかると簡単に血管が切れてしまいます。
そのため嘔吐による出血は目の周りに起こることが多いです。
顔回りの毛細血管はもろく、皮膚が薄いので出血による赤い斑点が見えやすいです。
ただし出血を起こしても、安静にしていれば自然と斑点は消えていきます。
なので赤い斑点が見えても少し休息を取れば問題ありません。
対処法としてはまず吐かないことが一番ですが、ビタミンやその他の栄養素をしっかりと摂取していればあまり問題はありません。
つまり普段から栄養バランスに気をつけていれば大丈夫なのです。
また、顔の異常を感じても早急に専門の医療機関で治療を受ければすぐに治るでしょう。
酷い症状でなければ数日でむくみも取れて赤い斑点もすぐに消えますそもそも過食嘔吐をしなければ深刻な症状になることは少ないので、普段から過食をしないように気をつければ怖がることはありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加