毛細血管 内出血

毛細血管が関わる内出血について

スポンサーリンク

日常生活の中で気付かぬうちに、体の表面に対して何かしらの衝撃を受けている確率はあります。
それに伴い、気付かないうちにその衝撃が体の内部へも影響しているケースがあると言われています。
そうした場合の代表的な症状と言えるのが内出血です。
この症状は通常、身体の外部から受けた衝撃によって、体内に張り巡らされている血管の中でも弱い部分が切れてしまう事で起きる症状です。
一般的には毛細血管が切れる事が多く、そうした切れた血管から漏れ出た血液成分が皮下組織に溜まると、体の表面からは紫などの変色やアザが見える様になる仕組みです。
こうした皮下組織で血液成分が溜まる現象の事は血腫と呼ばれる事もあります。
皮下血腫は内出血で自覚できる現象の主なモノとなっています。
これらの現象自体は割と起こりやすいタイプとされており、いわゆる打撲の他にも同じ範囲を長時間圧迫する事でも起きる症状とされています。
したがって何らかの同じ圧迫をした記憶がある場合は、それほど問題は無いと考えられます。

スポンサーリンク

一方で内出血の様に見える現象でも、注意したいタイプもいくつか挙げられます。
主な例としては原因が考えられないのに繰り返し起きる場合や、広範囲に斑点の様に現れている場合が挙げられます。
まず原因が考えられないのに繰り返し血腫が自覚できる場合は、何らかの原因で出血しやすい体質となっている確率が挙げられます。
酷い例としては血液の凝固機能に問題がある人や白血病の人の場合、その特徴の1つとして出血が止まりづらくなる症状があります。
また肌表面の弾力性などの状態に問題がある人は、表面の柔軟性が弱いために受けた衝撃を吸収しきれず、内部の毛細血管に伝わりやすく切れやすい状態です。
また広範囲に斑点の様な血腫が見える場合、紫斑病と呼ばれる病気である確率が挙げられます。
こちらは全身の毛細血管で炎症が起きる症状で、関節や内臓でも起きている確率が挙げられ、早期対処が必要な状態となっています。
この様に内出血の現れ方によっては、体の内面で何らかの問題を抱えている確率も考えられるため、1度内科などの専門医を受診する事が確実と言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加