内出血 広がる

内出血が広がる時の対処法

スポンサーリンク

内出血とは、体内の血管が衝撃をうけて傷つくことで血管が破れ血液が体内で出血している状態なのです。
打撲、打ち身、捻挫などで起こることが多いのですが、白血病や血小板減少性紫斑病などの病気によって内臓から出血したり血管を損傷することで起こることもあるのです。
打撲で腫れる場合は、皮下に内出血が起こっていることが多いでしょう。
ぶつけた覚えがないのに皮下出血を繰り返す場合は、血液凝固に異常がないか調べてみることが大切です。
頭部に起こる場合、麻痺や意識がなくなるなどの症状が現れるようになるでしょう。
出血量が多いと死亡することもあるのです。
胸部に起こる場合、肺の中の胸腔に出血がたまり呼吸ができなくなることもあるのです。
骨折によって起こる内出血では、打撲に比べて骨からの出血が加わり出血量は多くなると言えるでしょう。
外出血や内出血によって多量の血液が失われると、出血性ショックを起こし死に至ることもあるので注意が必要なのです。

スポンサーリンク

内出血は、患部を冷やすことで範囲や規模を最小限にすることができるのです。
炎症や腫れを抑えることもできるでしょう。
外用薬によって治療することもできるのです。
塗布することで、血行をよくして新陳代謝を促して症状を早く治めることができるのです。
腫れや炎症が引いてきた回復時には、患部を温めてあげるのも効果的でしょう。
受傷して壊れかけた細胞を治癒させるためには、血行を良くすることが大切なのです。
漢方によって治療する方法もあるのです。
体調や体質に合わせて処方されることが多いでしょう。
内出血した範囲が広がる場合、周りの細胞を死滅させていることになるのです。
広がる状態が続くようでしたら、できるだけ早い処置が必要だと言えるでしょう。
高齢者や子供はすぐに転んでしまったり、何かにぶつかるなどの危険が多くあるのです。
高齢者は誰かと一緒に歩くように心がけたり、子供は日頃から走らせないように注意することで予防することはできるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加