目の下 内出血

目の下やその周りの内出血の原因や対処法について

スポンサーリンク

私たちの身体は、通常より力を入れると、全身の血管が拡張します。
この時、目の血管も同じく拡張します。
その結果、目の下やその周りなどの「毛細血管」が破裂してしまい、皮下に「内出血」を起こします。
この現象は、ぐっと我慢すると起こる身体の異常によるものと言われています。
例えを挙げると、便秘の人がトイレで力むことでも、目の周りの毛細血管が内出血をおこすこともあります。
また、目の拡張だけではなく、血圧を上昇させて心臓に負担をかけることもあります。
同じく力むことで起こる場合は、出産や嘔吐でも起こります。
そのほか、冬の寒い夜間のトイレでも起こり「心臓発作」で倒れることもあり注意が必要です。
これらの症状は「怒責性紫班」と言われています。
怒責性紫班とは、急激な静脈の上昇が起こる時に、皮膚の毛細血管の内圧が上昇して破れてしまい、皮下に内出血を起こす病気です。
顔や首、特に目の下やその周りに小さな「紫班」が多発します。
この症状は、一時的なものなので、時間が経てば徐々に消え心配はない病気です。

スポンサーリンク

そのほかでは、運動した時にまぶたに赤い斑点ができたり、加齢によってできる「老人性血管腫」もあります。
老人性血管腫は、顔に赤い斑点が出る症状がありますが、良性なので放っておいても大丈夫な病気です。
しかし、目の下のあたりに赤い斑点や、皮膚が硬くなったり黒ずんだりすると「膠原病」の病気の可能性があるので注意が必要となります。
次に、主な対処法ですが、日頃から目の周りの筋肉や血管を「柔軟」にすると良いと言われています。
日常でパソコンや携帯を使うことが多い人は、1時間に異界は目を休ませる時間を作ることが大切になります。
この時に、遠くを見て目の緊張を和らげたり、ホッとアイマスクなどで目を温めて癒すと効果があります。
また、血流不順も原因なので、目の血流を良くするために、目の周りを優しくマッサージすることも重要なことです。
内出血が起こる多くの場合は、毛細血管が破壊されて起こることがほとんどです。
ですから、何が原因で症状が出ているかはっきりさせることが大切になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加