打ち身 痛み ひかない

打ち身で痛みがひかない時の対処方法

スポンサーリンク

打ち身は一般的には内部で炎症が起きている為に一刻も早く冷やしてそれらを軽減してやる必要があり、最初の処置が後の治りを左右すると言っても過言では無い部分があります。
しかしこの様な処置を直ぐに出来るとは限らない場合は後になって対処する様な事も多く、その場合にやり方を間違えてしまうと痛みがひかない結果となる可能性もあるのです。
特に数日経ってから痛みを感じて何らかの処置を行う場合にやっては行けないのは冷やす事であり、逆に血の流れを悪くする事で余計に回復が遅れてしまう様なケースもあります。
日数が経った場合の処置方法としては温めると言った形で血流を良くする試みを行うのが正解で、またその間に触らない様にすると言った事も大事となって来るのです。
既に炎症を起こしているので強く圧迫すると余計に悪化する恐れもありますから、打ち身は自然回復に頼る様にして治すのが一番となります。

スポンサーリンク

しかし一方で正しい処置をしているつもりでも何時迄も痛みがひかない場合は別の原因を考えるべきで、下手をすると打ち身もありますがそれ以外の症状も負っている可能性もあります。
似た様な症状で判断が付き難いのが骨にヒビが入っている様な状況でもあり、触ると痛いが負担のかかる足以外ですとこれと言った不都合を大して感じないので勘違いしてしまう場合も多いのです。
ただ打ち身と違って骨に何らかのダメージを負っている場合はその部分が熱を持つ事も多いので、触ってみてそう言った症状があれば病院で検査する事をお勧めします。
またその様な症状を感じ無くとも痛みがひかない場合は別の原因を疑うべきであり、早めに医師に相談して正しい処置を行う様にするのが最も良い方法と成るのです。
放置していると確かに治る事もありますが骨の変形と言った形で後になって支障を来す事もあるので、甘く見ないと言った事も重要となって来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加